風呂掃除で天井のカビを取るやり方や作業で使用した服装や用具の紹介

風呂天井のカビを取る服装と用具ステイホーム

前回お風呂のタイル掃除で目地のカビ落としについてお伝えしましたが今回は天井のカビを取るやり方です。

カビ取り剤には、人体に有毒な塩素系の成分が含まれていますので、お風呂等で使用する時は十分な換気と体内に吸い込まない事や皮膚に付着しない様な服装や用具を使用する事が大切です。

完全防備で挑戦した、お風呂掃除で天井のカビを取るやり方を紹介します。

風呂掃除が簡単な天井と難しい天井

お風呂の天井と言っても、お風呂の種類によって様々なタイプがあります。
ユニットバスであれば樹脂塗装されたフラットな天井が多く、掃除も比較的簡単に片付けられます。

ユニットバスが普及する以前の、在来工法で建てられた家のお風呂は、天井がバスリブと呼ばれる樹脂板の天井かモルタル塗りに白の漆喰仕上げ、或いはモルタルの掻き落とし仕上げが主な天井仕上げでした。

天井の表面に光沢がある場合、水滴が付きやすく冬場等には天井や天井換気扇から冷たい水滴が落ちる事がありびっくりする事があります。

モルタルの掻き落とし等の仕上げ天井はザラザラと起伏があるので比較的水滴が付きにくいのですが、掃除をするこ事できません。
そのため、白い天井がカビ等の汚れで目立つ状態になる事があります。

カビを落とす事はかなり困難な作業となり、どの家庭でも思う様にカビ取りができないのが現状です。
そのため、リフォームの際に天井を作り変える、或いは防カビ塗料よって仕上げる等の作業を行ことが殆どです

我が家のお風呂の天井は、アーチ状の天井にカンスイと呼ぶ材料を使った掻き落としの白い天井です。
白い天井がカビで黒ずんで決して綺麗とは言えません。
何年も行っていなかった天井のカビ取りに挑戦しました。

風呂掃除で天井のカビを取るやり方

風呂天井のカビを取るやり方
お風呂の天井の画像はイメージ画像で我が家のお風呂ではありません。
ここまでひどく汚れてはいませんが天井にカビが付くとこのようなイメージになります。

天井に向かってカビ取り剤を吹き付ける場合、天井から泡状の液体が落ちるので、体に付着したり吸い込むと体に悪影響を与えかねませんので完全防備の服装で作業を行いました。

天井のカビ取りに使用した服装と用具

使用したカビ取り剤はタイル壁と同じカビキラーを使いました。
用具は棒状の先にスポンジが付いた掃除用具だけです。

服装は、100均で買ったカッパとビニール手袋、マスクと最初の画像の様なフェイスシールドと帽子です。
フェイスシールドにしたのは、保護メガネの場合マスクをするとメガネが曇って作業が困難になるのでフェイスシールドにしてみました。

只、フェイスシールド以上に便利に作業ができたのが透明のゴミ袋でした。
市指定45 L のゴミ袋を庇のある野球帽の上から、すっぽりと頭からかぶると、マスクをしていても呼吸がしやすく、少々袋に液がかかっても体にかかる事はありません。
透明袋の位置をズラしたり、新たに交換すれば作業がスムーズに進みます。

カビキラーを右手に、左手には掃除用具を持ちながらカビキラーを天井の端から吹き付けます。
泡状の液が落ちかけたら、スポンジの掃除用具で抑えてザラザラの天井に染み込ませます。

天井がフラットだったり、光沢がある天井の場合は、スポンジにカビキラーを染み込ませ塗りつけても良いのですが、アーチ状でザラザラと起伏のある天井では、直接いろんな角度からカビキラーを吹き付けるのが最善です。

タイル目地にカビキラーを使用した際には、喉が痛くなった事もあり、今回は何度も休憩しながら換気に気をつけて作業を行いました。

窓ガラスを外して全開にした状態で、換気扇を回し、風呂の入り口を開け、入口付近から風呂の天井に向けて扇風機を回し、カビ取り剤が風呂の中に充満しない様、注意しながら作業を行いました。

扇風機で風を送ったり、ゴミ袋をかぶった事が功を奏したのか、作業終了後にうがいをして手や顔を洗っただけで前回の様に喉が痛くなったり、咳き込む事もありませんでした。

起伏のある天井も、カビ取り剤が全面に染み渡り驚くほど真っ白になりました。
カビ取りを行った日は、お風呂に入る時は、カビ取り剤の嫌な臭いが少し残っていましたが、次の日からは臭いもなくなり、天井が真っ白に綺麗で気持ち良くお風呂に入る事ができました。

まとめ

完全防備で挑戦したお風呂掃除で天井のカビを取るやり方を紹介しました。

天井に黒いカビの汚れが気になりだしたら換気を十分に行った上で頭からゴミ袋をかぶってカビ取りに挑戦してみて下さい。
温かいお湯に浸かりながら、綺麗な天井を見ていると、清々しい気持ちと達成感に浸る事ができますよ!