社会様式の変化で増えるオンライン営業や在宅ワークでできる副業とは

オンライン営業ステイホーム

コロナウイルスの終息までは国内の経済も自粛状態にあります。
自粛状態が長引けば企業の経営環境も大幅に変わり、コロナウイルスが収束した後にも社会様式だけが変わらず定着して社会の大きな変革になる可能性があります。

企業はオンライン営業、社員は在宅ワークでできる副業が増える可能性があります。
オンライン営業や在宅ワークでできる副業について紹介します。

新しい社会様式とは

企業では自粛要請の中、テレワーク体制が普及するとともに可能な限り企業の持続可能な経営体制を模索する事が求められています。

これまで、お客様が来店され、対面での営業が主流だった企業では、営業しようともお客様が出かけてくれなければ話になりません。
そこで、オンライン営業を模索する企業も出てきました。

テレワーク体制では、これまで目立たなかった社員が実力を発揮し始めたり、逆に人との交流で実績をあげてきた社員にとっては不利な環境でもあります。

大手企業の会長さんがインタビューに答えられていた発言に「企業にとってのピンチはこれからの時代のチャンスと捉え生き残り体制を整える」と語っておられます。

テレワーク体制が企業に定着すれば、これまでの出張等の減少や社員数の削減につながる可能性があります。

社員にとって通勤体制を電車通勤から車通勤に変える人も出ています。
オンラインスキルの向上を図る事がリストラ対象から外れるための生き残り方法とも言えます。

自粛を余儀なくされた飲食店のオーナーが「いつまで耐えられるか分からない。でもこの仕事が好きなので続けられるのであれば続けたい。そのためにも別の収入源も考えなくてはならない」と話されていました。

企業の体制も、ピンチをチャンスと捉え新たな方向性を求め拡大するか、現状維持を頑張り抜くか、経営体制を見直すか、企業体力のあるうちに考え、方向性を決めていくはずです。

そんな企業の社員にとっては、資格取得などでスキルアップを図るか、目減りした給料を補うために在宅ワークでできる副業等で複数の収入源を得るか、あるいはいずれは転職する等も視野に入れておく必要があります。

観光業にとって、先の見えないコロナウイルスの終息は、外国人観光客が主な収入源であったホテルや旅館、お店やお土産屋さん、観光バスや観光タクシー等、経営体制の転換をする時期が来るやもしれません。

国内の観光客はGOtoキャンペーンやwithコロナの生活様式が定着し、今後は次第に回復すると思われます。
国内観光客相手に体制を整える事が、生き残りに繋がる手段かも知れません。

在宅ワークでできる副業

在宅ワークでできる副業
在宅ワークでできる副業であれば家にいる時間を有効に使いながら複数の収入源となる可能性があります。

在宅ワークでできる副業は自宅にいながら育児や家事のスキマ時間にできることが多いため専業主婦の方が多く、中には、ご主人の給料以上に稼ぐ人も出ています。

専業主婦の方は隙間時間にアンケートモニターに答えたり、ポイントサイトを活用したり、通販サイトの商を紹介したり等、コツコツとできる副業から始めるので慣れた頃にはかなりの収入になっている人も多いのです。

また、OL時代のパソコンのスキルを活かしてクラウドワークス等で自分でできる副業探す人もいます。
安く仕入れた商品や不用品をネットオークションで売る転売も始めやすい副業です。

男性が副業として在宅ワークを始めるのであれば、自分の経験やスキルを活かして自分の知識を情報発信としてブログを作り、ブログ広告収入を得るアフィリエイトに取り組む人が増えています。

アフィリエイトの中でもクリック課金型広告収入と呼ばれる仕組みは、男女を問わず知ってるスキルや調べた内容、あるいは体験した内容を発信するだけで、その内容を参考にしたり悩みの解決になる事で訪問者を増やし、アクセスが増えれば増えるほど収入が増えていく仕組みのため、取り組む人が増えています。

まとめ

オンライン営業や在宅ワークでできる副業について紹介しました。

社会や経済の仕組みが変わろうとしている時、もしもという時に困らないためにも複数の収入源を確保する事で、新たな転職に繋がる場合もあり得るのです。